長友啓典 略歴 黒田征太郎 略歴
1939 大阪生まれ
1964 桑沢デザイン研究所卒業、日本デザインセンターに入社
1967 日宣美賞受賞
1969 黒田征太郎とK2設立
1973 東京ADC賞受賞
1974 ワルシャワポスタービエンナーレ銅賞
1980 「写楽」創刊アートディレクターとして参加
1982 K2 文化の金字塔(東京・大阪)
1983 「まっかなホント」黒田征太郎と共著(講談社)
1984 講談社出版文化賞さしえ賞受賞、ニューヨーク近代美術館ポスターコレクション
1988 FM802 C.I.ア−トディレクション
1990 コレクションから選んだ最近の日本のポスター展(ニューヨーク近代美術館)
1992 「ともかく挿絵展」(東京デザイナーズスペース)
1993 青葉益輝・浅葉克己両氏と「○△□アートディレクターの発想・現場・定着」出版(メディアファクトリー)
1996 大阪府立天王寺高校100周年記念100点ポスター制作、「K2・世界のグラフィックデザインシリーズ25』(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
1998 「KAKIBAKA」東道頓堀倉庫(ギャラリー)オープン
1999 「ゆらぎ原画展」(南青山画廊)
2000 野坂昭如氏と共に「戦争童話集・沖縄篇」制作開始。「2○△□展」(銀座G8)
2001 第22回日本宣伝賞山名賞受賞
2002 「ウミガメと少年」アニメーション化アートディレクション 。「長友啓典展」(HBギャラリー)
2004 「べっぴんの鯛」(伊集院静と共著、アートン)、「"べっぴんの鯛"出版記念原画展」(ギャルリーワッツ)
2005 心斎橋そごう本店リニューアルオープンアートディレクション。
2006 第37回 講談社出版文化賞 【 ブックデザイン賞 】を受賞。「長友啓典 作品展“犬”」(ギャラリーアーチストスペース)
2007 「犬からひとこと」(伊集院静と共著、アートン)
「流行通信」、「GORO」(紀信激写)、「野生時代」、「月刊カドカワ」、「ESSE」、「TOUCH」、「流行通信オム」、「週刊朝日」、「週刊宝石」、「週刊サンケイ」、「週刊現代」などのエディトリアル及び、西武、ロイヤルホテル、つかしん、丸井などのアートディレクション並びに各種広告ポスター、イベント会場構成のアートディレクターとして、また村松友視、阿佐田哲也、山口洋子、阿久悠、海老沢泰久、佐木 隆三、椎名誠、内海隆一郎、早瀬圭一、伊集院静、その他、小説にさし絵、雑誌にエッセイ連載など、現在に至る。

・日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問
・東京造形大学客員教授
1939 大阪生まれ
1961 早川良雄デザイン事務所に勤務
1969 長友啓典とK2設立、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ受賞
1974 映画「竜馬暗殺」にプロデューサーとして参加
1985 科学万博サントリー館壁画制作、講談社出版文化賞、さしえ賞受賞
1987 ポーランド国立ポスター博物館ポスター展、日本グラフィック展「1987年間作家賞」受賞
1989 沼津市営今沢団地壁画制作
1991 「504 Hours in San Francisco」1年間ギャラリーとしてオープン
1992 北海道新千歳空港壁画
1993 UNEP国際環境技術センター支援イベント
1994 「野坂昭如/戦争童話集」映像化プロジェクト開、世界移植学会L・P
1998 「KAKIBAKA」東道頓堀倉庫(ギャラリー)オープン、パラリンピック開会ポスター制作
1999 「路地裏」梁石日氏と共著(アートン)出版、「野坂昭如/戦争童話集」映像化プロジェクト全12話完結
2000 野坂昭如氏と共に「戦争童話集・沖縄篇」制作開始
2001 「戦争童話集〜ウミガメと少年〜」(講談社)出版、「未来へのノスタルジア〜ジュゴンの海へ〜」(小学館)出版
2002 「空から堕ちた」(新風舎)出版、「戦争童話集〜ウミガメと少年〜」アニメーション化(ON AIR)、「風切る翼」(講談社)出版、中電病院廊下壁画(広島)
2003 水の都ひろしまプロジェクトプレイベントL.P(広島・太田川環境護岸)、「 戦争童話集〜凧になったお母さん〜」アニメーション化(ON AIR)、「黒田征太郎の絵話展」(下関市立美術館)、「黒田征太郎KAKIBAKA描く男」(求龍堂)出版、「ぼくみたんだ」(アートン)出版
2004 「 戦争童話集〜凧になったお母さん〜」ピーボディー賞受賞、「ぼくみたんだ2」(アートン)出版、「 戦争童話集〜小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話〜」、アニメーション化(ON AIR)
2005 「ぼくみたんだ3」(アートン)、「水の記憶」(アートン)出版、「 PIKADON展」(第五福龍丸展示館)、NY・LONDON ライブペインティング
2006 「PIKADON展」(渋谷アダンohana)、アースデイ東京 ライブペインティング、「YES NO PIKADON」(表参道ギャラリーGAN)
その他、多数ライブペインティング、壁画制作等、現在に至る。
「PIKADON」プロジェクトを、終戦60周年に向け進行中。

・日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問


このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。